ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から3年と4ヶ月


本日は東日本大震災から3年と4ヶ月の日です。
先日からの台風8号の被害が各地にでていたのと同時に
ちょうど関東と東北の間を横たわるようにいた梅雨前線。
この梅雨前線の影響で被害が出たとの情報も聞き及んでおります。
どうかこれ以上被害が出ませんようにと祈るばかりです。



最近、ようやく「災害公営住宅」のニュースを見聞きするようになりました。
「ようやく仮設住宅から出られるんだ」と喜んだ自分がおりましたが
そんな簡単に喜べないものだと、自分の考えが甘すぎたことが分かりました。


もう3年以上も経っています。仮設住宅集落の交流が出来ており
またご近所さんたちと離れ離れになる現実。
地震津波の被害を繰り返しまいと建てられたであろう公営住宅が、
住民(特にご老人)にとって非常に不便な場所にあったり。
また競争倍率がとても高く、運良く当選しても入居のための保証人に敷金、
手続き書類が山ほど・・・。ハードルが高く断念せざるを得ない場合もある。
(書類はともかく、敷金などはどうにか無しにできないのかな・・・)
そもそも生活のために家族が離れ離れになっている世帯も多い。
建物が建てばいいってものではないことを知って、自分が恥ずかしくなりました。



私は自分自身のために毎月11日は東日本大震災のことについて
このblogで情報や自分の気持ちを書いて祈りを捧げることにしています。
自分の気持ちや祈りはいくらでも書くことが出来ますが
私の力不足なのか、現地の情報がどんどん少なくなっています。
どれだけアンテナをはりめぐらせても格段に少なくなっています。


先日の台風8号もそうですが、東日本大震災の教訓も決して忘れず
日々をおくります。冗談抜きで明日は我が身だと思います。





◆◇◆私の復興支援サイトです。ぜひご協力をお願いします◆◇◆


f:id:sakurasaryou:20140618221311j:plain

http://hobo100kin.client.jp/


8月末に福島県いわき市を訪れる予定です。
おかげさまではじめての寄付は自分の手で出来そうです。
もっとお渡しするお金を増やしたいです!
どうぞよろしくお願い申し上げます。