読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

私、着物が着たいです。


このblogで書いたことがあるかどうか記憶がないのですが
実は私・・・呉服屋の孫です。母の実家が呉服屋を営んでおります。
年齢の割には着物と深くふれあって生きてきたと思います。
(幼少期の写真も着物姿がとても多いです)


母が嫁入りした時。今は亡き祖父が母にたくさん着物を持たせました。
その数、和箪笥3棹!!いくらなんでも作りすぎやろ、じいちゃん!!
でもそのおかげで母からもらった着物がたくさんあります。
顔は妹とそっくりなのに、着物との相性は真逆なのですよ。
妹にはしっくり似合うのに、私には面白いほど全く似合わない。
逆もまた然り。なので全く喧嘩することなく母から譲り受けています。



でも・・・私の着物は病気になってからずっと眠ったまま。
文字通り箪笥の肥やしになってしまっています。
「身体が締め付けられるから着物は辛い」という同病者さんもいますが
私はなぜか逆で、むしろ服や補正下着などで身体を支えていて欲しい。
なので着物も苦ではないと思うんです。着慣れているのもありますし。



あ~、本当に自慢の着物たちを外に出してあげたい。
自分で言うのもなんですが、本当にいいものばっかりなんです!