読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

A loneliness is the most terrible illness in the world.


英語が苦手なこの八重が英語のタイトルをつけていますよ!
コピペですけど・・・(^_^;)


ずっと昔、Twitterのタイムラインで見つけた名言です。
お気に入りにいれていたのですが、すっかり存在を忘れていまして(←酷い)。
我が家の愛犬より外出頻度や行動範囲が狭い私。
マイコプラズマさんからもだいぶ開放され、ネタもないので書いてみようかと。


このタイトルの意味は


『世界でもっとも恐ろしい病とは孤独である』


深いです。めっちゃ深いです。哲学です。
オバチャンとは言え、全て理解するにはまだまだ甘いくらい
深く、そして重い言葉です。



でも・・・そのとおりだな、って思うのです。
怖いものはたくさんあります。自分の病気。この先の人生や生活。
地震や豪雨、台風などの天災。人災ももちろんです。
すごく小さいモノだとゴキブリだって怖い!



でも孤独は本当に怖い。物理的な孤独だけじゃない。
心の孤独は物理的孤独よりもっと怖いかもしれない。



自分で言うな!ですが、私が今住んでいる場所は「孤独」です。
毎日毎日、病気の他に孤独とも闘っています。
でも、こうして少ない時間でもパソコンという手段で色々な人とつながっている。
だから孤独だけど孤独じゃない。ありがたいことです。