ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から3年8ヶ月


本日は信越県境地震から3年と8ヶ月の日です。
しつこいようですが、こちらも「東日本大震災」に入る大きな被災地です。

いまさらでお恥ずかしい限りなのですが、当時の様子が綴られたblogを
Twitter経由で知ることが出来ました。

こちらです。

「栄村の地震による被害は甚大!」
http://tunan-marugoto.seesaa.net/article/190414597.html
震災の翌日の書き込みです。
多くの写真から被害の甚大さがすごく伝わってきました。
重そうな大量の雪。壊れた橋に完全に潰れた住宅・・・。


前日の東日本大震災のニュースでもちきりだった当時。
TwitterをはじめとするSNSも情報源として良くも悪くもひっきりなしに
現地とつながろうと皆が必死になっていました。
自分もそのひとりです。
当時を思い出して。
長野県や新潟県の被害の情報はあっただろうか。
東日本大震災の情報の多さに隠れていなかっただろうか。
そして高齢者が多い地域だとも聞きました。
ネットを駆使することが出来る方は少なかったのではないでしょうか。


3年8ヶ月もたって、いまさら私があーだこーだと反省会をしても
なんの意味もないのはわかっているのですが、
こんな甚大な被害が隣の県で起こっていたのに。
どうして早く知り、お手伝い出来なかったんだろうと。
思い続けています。