読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

2015年のご挨拶~ちいさいけれど大きな1歩


三が日も終わろうとしておりますが、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
新年から・・・というより昨年からやりたいことが放置プレイ状態なので
今年はそれらをひとつひとつしっかり叶えていきたいと思っております。



今日は私にとって大きな1歩を踏み出してきました。
「なんだ、そんなことかよ?」って内容だと思いますが、
まあ気長に読んでやって下さい。



来月の3日で離婚して3年です。
ずっと私は元夫と暮らしていた町へ行くことが出来ませんでした。
目と鼻の先に親戚の家があるのですが、当然そこへも行けず。
(そこの親戚は私の病気を理解してくれるありがたい存在です)
もちろんたくさんの楽しい思い出があります。
それと同時に・・・辛い思い出のほうが重かったのです。


何も「絶対行かなくてはダメ!」という所ではありません。
なので行かなくても何も支障はありません。
単なる自分の「恐怖」や「トラウマ」です。
でも・・・もう3年です。
前を向かなくては、と思い始めました。


今日、親戚の家に行くのもギリギリまで迷いました。
親戚の家へ行くには嫌でも住んでいたマンションが見えます。
あちこちに通っていたお店があります。
うつ病にかかっていた頃、お世話になった病院も見えます。
途中で気分が悪くなったり、倒れたりしたらどうしよう。
自分はもう1度あの場所へ行けるのか。怖くて仕方がありませんでした。


結果。
住んでいたマンションを見て泣きそうになりました。
よく行っていたお店が潰れていたのにびっくりしました。
(なぜか離婚後、思い出の店がどんどん閉店していく・・・)

変わっていないようで変わっていた町。
3年前と同じようで同じでない。
自分もそうやって変わらず、でも変わっていこうと。
そう感じました。




帰宅後、自分の予想以上に緊張していたのか。
ダウンしてしまいましたが、行けてよかった!と思っています。


ちいさいけれど大きな1歩。
私の2015年は前進で始まり、身体が許す限り走り続けます!