ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から4年


自分自身も含めてですが、東日本大震災の翌日夜明け前。
長野県北部と新潟県でも大きな地震があったことをご存知ですか?
ついつい甚大な被害をうけた東日本大震災へ目がいってしまいますが
こちらも「東日本大震災」の被災地です。
昨日とあわせて決して忘れてはならない日です。


【各地の震度】
6強:長野県栄村
6弱:新潟県十日町市津南町
5弱:新潟県上越市群馬県中条町


【住宅被害】
新潟県:全壊39 半壊258 一部損壊2088 
長野県:全壊34 半壊169 一部損壊704


【人的被害】
災害関連死:栄村3名
重傷:上越市1名
軽傷:新潟県44名 長野県14名


これだけの被害が出ています。数の多さは関係ありません。
豪雪地で真夜中。どんなに怖かったことでしょう。



そして、ついつい最大震度を記録した栄村がクローズアップされますが
被災地は栄村だけではありません。おとなりの新潟県も被害を受けたのです。
Twitterでこんな言葉を見つけました。


地震後、支援がほとんどない状態で苦労されていたにもかかわらず、
地元の人は口々に「東北の方が大変だからしょうがない」と遠慮していた


確かに東北のほうが大変な状態でした。
でも「しょうがない」と遠慮し、苦労をされていたと知って
本当に申し訳なくなりました。


また被災地は高齢者が多く、過疎化も進んでいるそうです。
栄村の人口は4年間で200人以上減ったそうです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000046183.html



地元・長野県の新聞。今朝の1面は信越県境地震一色でした。
新潟県の新聞は残念ながら見つけることが出来ませんでした。
私が住む、お隣・岐阜県の朝刊は東北一色でした。
せめてどこでもいいから書いて欲しかった・・・。
それだけ他県にとって関心はないということなのでしょうか。
でも私は忘れない。だってお隣だもの。
いえ、お隣でなくても。ここにも大きな被災地があり、
今も頑張る皆様がいることを決して忘れない。
そして皆様の手をとりたい。そう思っています。