読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

夜間摂食症候群


まさかこんな症状に病名(でいいのかな)があるとは思わなかった。
線維筋痛症慢性疲労症候群も「病名あったのか!」と思いましたが
今回はそれ以上の驚き。安心とかではなく純粋に驚き。



私は真夜中にお腹がすごくすきます。
1日2食(朝ごはんは食べません)しっかり食べているのに、です。
その原因はお医者様に言われなくても想像がついていました。


ストレス。


両親が寝静まった真夜中。
まるで何かがいなくなったように身体が勝手にリラックス体勢になります。
無自覚です。肩肘張って息をつめていたのが吐き出されるように楽になるのです。
緊張状態からリラックスモードになるとお腹がすきません?
それと一緒で、両親ふたりしかいませんが四面楚歌から開放された私の身体は
「あ~やっとゆっくり出来る!お腹すいた!何か食べたい!」と騒ぎ出すのです。
そして食べてしまい・・・皆様あとはお分かりですね?


肥満一直線。


てなわけで私の体重は現在、史上最高の重さになっております。
漬物石が可愛く見えるくらいです(←謎)。
入らなくなった服がてんこもり。泣く泣く売りに出して生活費にしました。
本当は売りたくなかったよ~・゜・(ノД`)・゜・
(思ったより高値がついたことは不幸中の幸い)


「太りにくいものを食べればいいじゃん」と思いますよね?
私もそう思いました。ですが身体・・・というより脳はそれでは納得しない!
「ああ、腹八分目。いい感じ~♪」じゃないと眠らせてくれないのです。
で、翌朝起きて激しく後悔。懺悔室に入りたい。
負のループをぐるぐる回っている日々なのです。




そんな話をお医者様にしたところ言われたのがタイトルの夜間摂食症候群。
Wikipediaにも掲載されているれっきとした病気です(こちら)。
お医者様曰く、イギリスではこの患者が増えてきており問題になっているそう。
診察すると・・・原因のほとんどがストレスなんだとか。
つまり、ストレスから開放されない限り、
私の「夜中になんか食べたい」は消えないわけだ。


結婚していた時は金銭的DVもあって1日1食(お米なし)で、別にお腹もすかなくて
今の半分以下の体重しかなかったのに。こちらのストレスとはまた別物なのかな?
たまに外出すると全員がスーパーモデルのような素晴らしいスタイルに見える。
なんであんなにスリムなの?なんであんなに足が長いの?細いの?折れそうよ?
体型に関してだけは結婚時代に戻りたい・・・。
一応私だって女ですから・・・やはりオシャレしたいんです。



この家で生活し、ストレス過多にならないように生きる方法。
そんなのあったら今頃もう実践してるよな・・・。
それかいっそおデブな自分を受け入れちゃう?
それもありだけど、病気とはいえ毎日部屋着で寝たきりの干物女状態で
さらにおデブまで受け入れるのは正直厳しいものがある・・・。



こんなこと考えてるからストレスが増えるのよね、きっと。トホホ。