ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

モノカキはじめました。


なんかすごいタイトルがついていますが、仕事ではありません。
ちょいと小説を書き始めまして。1日3行で限界バタンキューですが(笑)


きっかけはご尊敬申し上げるマイミクさんからのご提案。
今はすごいシステムがあるのですね。
こんなサービスを教えていただきました。
https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=A37Z49E2DDQPP3kdp.amazon.co.jp



自分で言うのもお恥ずかしいといいますか、図々しいといいますか。
最近「八重さんは文章を書くのが上手いよね」とお褒めの言葉をいただきます。
自覚はまったくないのですが、やはり褒められると嬉しいです(´∀`*)ウフフ


夏休みの宿題の定番「読書感想文」はサッサと終わらせる子供でした。
ついでになぜか弟と妹の読書感想文のゴーストライターまでしてました。
弟のぶんは1歳違いなのでそんなに難儀することはなかったのですが
5歳違いの妹のぶんは苦労した記憶があります。
「こんな漢字まだ習ってない!」「これは意味がわからん」と添削が入りまくり
「そんなもん知らんがな~!!」と言いつつ書いていましたね・・・。
ついでに大学の卒論も手伝っていたなあ・・・。
子供の頃からゴーストライターで鍛えられた賜物ですね(笑)



まあ、ゴーストライターは時効ということでともかく(←オイ)。
そんなこんなで小説書いてみない?とアドバイスをいただきまして、
さっそくチャレンジしているところです。



最初は「何を書こうか。恋愛小説?無理!!ミステリーはもっと無理!」などと
ひとりで悶々としていたのですが、「神が降りてくる」って本当にあるのですね。
とある曲を聴いていたら、降りてきましたよ、文章が!!!
最近は物忘れが激しいので、思いついたらスマホにメモ。
あとで見直すと「なんじゃこりゃ!!」なことも多いのですが(^_^;)
「いいものを書こう!」と思わず、肩の力を抜いて、神の降臨を頼りながら
のんびり好きなように書こうかなと思っています^^



完成は・・・いつになるでしょう。それこそ神のみぞ知る(笑)。