ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から4年7ヶ月。


本日は東日本大震災から4年7ヶ月の月命日です。
先月上旬の記事で恐縮ですが、205人分ものご遺骨が
未だに家族のもとへお帰りになっていないそうです。
(記事はこちら→http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150906_6


そして10日付での情報では

死者数:岩手県 4,673人
    宮城県 9,541人
    福島県 1,612人 
   全 国 15,893人


行方不明者数:岩手県 1,237人
       宮城県 1,126人
       福島県 200人
       全 国 2,567人

全国避難者数 19万5千人


とのことです。ものすごい数字です。
まもなく5年経とうというのに・・・。



私は外出が困難なかわりにネットで情報を集めています。
その中でハッとさせられることがありました。


被災地を忘れないで」とおっしゃる方と
「もう忘れたい」とおっしゃる方がいること。
また「被災地」と呼ばないでとおっしゃる方。


被災も何もしていない自分は「忘れちゃいけない」とばかり考え
突っ走っておりましたが「忘れたい」方を置いてきぼりにしていた。
私は聖徳太子でも千手観音でもないのでひとりひとりの要望に
お応えすることは出来ません。



ですが、現地ではいろんな考えの方がいることは忘れちゃいけない。
忘れたいとおっしゃるのならば、私がその人の代わりに覚えていよう。
忘れないでとおっしゃるのならば、忘れずにいよう。



あの日から毎月11日は何があってもblogを書くことにしています。
それもまもなく5年。それでも私は書き続けます。
被災していないからこそ出来ることのひとつだと思うから。
自己満足にすぎなくても。