読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から4年11ヶ月。


突然ですが、たまたまこちらをご覧になった方に問う。
そして何より自分自身に問う。今日は何の日?
今日は信越県境地震から4年11ヶ月の日です。
東日本大震災の翌日の深夜、信越県境地震は起こりました。
東北の被害があまりにも甚大で、国民の目もそちらへ向いていたなか。
長野県と新潟県でも大きな地震があったのです。
東北ほどではないとはいえ、こちらも甚大な被害を受けました。
そして被災された方々は「東北のほうが大変なんだから」と耐えていらっしゃいました。
来月で5年が経過いたしますが、東日本大震災の特集は組まれていても
信越県境地震についてはどこも取り上げていません。



東日本大震災でも風化を危ぶまれていましたが、信越県境地震はそれ以上です。
むしろ風化がすすみすぎて風前の灯です。
記事の保存を忘れてしままったのですが(大変申し訳ございません・・・)
信越県境地震で「風化が1番怖い」とおっしゃったご婦人の顔が忘れられません。




だから私は書きます。自分のためにも。
東日本大震災の翌日に信越県境地震があったことを忘れません。
この気持ちが被災された方に届くと嬉しいですが、たとえ届かなくても
決して忘れることなく次世代に伝えていきたいです。