ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から5年。


東日本大震災が起きた翌日、3月12日3時59分。
長野県と新潟県でも大きな地震が起こったことを覚えていらっしゃいますか?
長野県栄村で震度6強。その後、立て続けに2回震度6弱の強い地震があったのです。
栄村だけでなく長野県境の新潟県津南町上越市十日町被災しています。
今日が土曜日なのもあってか、今日もメディアは東日本大震災一色です。
東日本大震災ももちろん大切ですが、どうかこちらの地震にも目を向けて欲しい。



日本屈指の豪雪地帯です。5年前の今日もすごい積雪量だったそうです。
そんな雪の中、しかも真夜中に地震が発生。
家屋は倒壊し、道路も寸断され、雪だらけの山間部で厳しい避難生活を
おくられました。高齢者が多い地域です。どれだけ大変だったことでしょう。
しかも「東北のほうが大変なんだから」と気遣っていたそうです。
今もなお復興途上というツイートも拝見しました。






自然災害に順序も規模も関係ありません。
こちらも東日本大震災と合わせて決して風化させてはならない。
あの日、大変な思いをした方がたくさんいた。
東北を気遣って頑張っていた方、いる方がたくさんいらっしゃる。
そんな方々に寄り添えるよう、少しでも願いを叶えられるよう
自分に何が出来るか。考え続け、実行にうつしていきたいです。