ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から5年1ヶ月。


本日は東日本大震災から5年1ヶ月の月命日です。
先月のメディア特集三昧が嘘のように、特にニュースにもなっていない今日。
もちろん毎日いろんなニュースがあって、それを優先して報道して。
それに私が住んでいる場所は東北から遠く離れた場所。
そこに東日本大震災の月命日の記事が入るのは難しいのでしょうが。
それでもなんだか「祭りのあと」のような気分になるのは私だけでしょうか。



5年を経過したあと、クリック募金を終了する企業さまがぐっと減りました。
それはどういう意味なんだろう、と考えました。
もちろん長きに渡り大きなお金を、クリックのかわりに自腹で
動かしてくださった企業さまには尊敬の言葉しかありません。


企業さまとして募金を続けるのが厳しくなってきたのか。
それとも求められるものが「お金」から別のものに変わったのか。
現地で今も頑張る皆様のご意見それぞれだと思うので、
どれが正解かなんてわかりません。





ですが、当たり前ですが、今日も現地は復興にむけて動いている。
今年の2月時点で福島県原発廃炉への道はまだ一合目だといいます。
http://mainichi.jp/articles/20160213/k00/00m/040/188000c


原発に限らず、道路だって住宅だってまだまだ時間がかかります。
常にアンテナをはり、現地の方の手をとることが出来るように、
耳をかたむけていたいと思います。





【お ま け】
河北新報社さまの東日本大震災アーカイブがとても興味深いです。
あの日を忘れないためにも、明日は我が身の教訓としても
大変勉強になります。


アーカイブ大震災 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS