ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から5年2ヶ月。


今日は長野県・新潟県で起きた信越県境地震から5年2ヶ月の日です。


私の情報源はSNSです。信越県境地震は特にメディアの情報が少ないのもあって
(ただ単に私の探し方がなっていないのかもしれませんが)
Twitterで流れてくる情報が頼りと言っても過言ではありません。


先日、ツイッター経由でこんな記事を見つけました。


県北部地震伝える「絆」開館 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


被害の様子や復興までの道のりだけでなく、
全国から寄せられた励ましの声のコーナーがある複合施設「絆」。
なんと入場料無料なうえに無休。


記事の中で被災された女性がおっしゃっているように
風化させないためにもこういった施設は必要だと私も思います。
新潟県にも出来るといいのですが・・・それか新潟県の情報も共有するか。



東日本大震災の翌日に起こった。そのことで東日本大震災はもちろんのこと、
先日起きた熊本・大分地震より風化が早い気がする信越県境地震
でも決して忘れちゃいけない。あの日、大変な思いをした人たちがいたこと。
東北のほうが大変だからと気遣ってくれていた人たちがいたこと。