読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

九州地震から2ヶ月。


今日は熊本県を中心とした九州地震から1ヶ月の日です。
お亡くなりになった方へ心からご冥福を、
そして九州で頑張る全ての方へエールを送らせてください。


ニュースで、被害が大きかった益城町仮設住宅の入居がはじまった
様子が放映されておりました。住宅のひとつに入居されたご老人が
「やっと今、復興の第一歩が踏めた」とおっしゃいました。
なんと表現したら良いのかわからないのですが「そうか、そうなんだ」と感じました。
当たり前ですが、ゴールではない。でも避難中は復興ではなく復興準備だったのだと。
力強く復興と生きることを胸に刻んだご老人のお顔はとてもたくましかったです。
さすが九州男児!!



仮設住宅はまだはじまったばかり。まだまだ多くの方が避難生活をおくっています。
これから雨などのじめじめした季節や暑い季節がやってきます。
どうかこれ以上自然が暴れないように祈るばかりです。




地震後ずっと車内で避難生活をおくる男性もいました。
「気が休まる時なんか1日もないよ」とおっしゃいました。
いくら自分の愛車でも、広くても、車は車です。
ゆっくり出来ないと思います。


もともとは人々が安心して暮らしていた家は瓦礫になってしまった。
撤去作業も始まったばかりです。
復興住宅も急ピッチで建設がすすんでいるそうです。



つい先日も大きな地震があったばかりです。
熊本県だけでなく九州にお住まいの皆様、どうかお気をつけて。