ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

夜間摂食症候群


先日、なにげなく体重計に乗ってみました。
予想をはるかに超えたおデブっぷりに愕然・・・orz
(おそろしくてとても公表できません。でもどう見てもデブです)


太った原因はハッキリクッキリ分かっています。


「夜中に食べる」


両親も犬も寝静まった夜中。ようやく自分の身体は緊張状態から開放されます。
そうするとやってくるのが・・・あれやりたいな~これしたいな~などの「欲」。
食欲もそのひとつ。ご飯時にはあれほどなかった食欲がむずむずとわいてくるのです。
お腹もギュルギュルと「なんか食べさせろ~」と声をあげます。
こんな真夜中に食べたらデブ一直線なのは百も承知。
でも食べないと眠れないのです。たくさんの睡眠薬を服用しているのに。
もう、いったいなんなんだ!!



原因がわかっているのならそこを改善すれば痩せるじゃん!と
方方からツッコミが入りそうですが、自分もそう思っているのですが。


空腹を我慢して、激痛に耐えながら不眠な日々を取るか、

とりあえず食べて、睡眠を重視するか。


あなたならどちらを選びますか・・・?
私はヘタレなので、激痛開放と睡眠を選択しちゃったわけです。
で、当然デブになったわけです。
一応女ですので、この体型はかなり悲しい!
とりわけ美人というわけでも、愛嬌があるわけでもないので
醜い姿になった自分が大嫌いで悲しくて仕方がありません(TдT)



主治医にそんな話をしましたら、実は「夜間摂食症候群」というもので
現代社会かつ世界レベルで問題になっているそうです。




私だけじゃないんだ!と喜んでいるわけにもいきません。
ネットで色々調べてみました。
すると出てくる出てくる改善法の数々!!
中には「夜中の暴食をやめれば確実に痩せるダイエット!」との文言も。
そりゃそうだ(笑)




で、その改善方法なのですが。


1.ストレスをなくす


2.寂しさから開放する



3.何か趣味を見つけたり外出して刺激ある生活をする



全てごもっともなのですが・・・超納得!なのですが。



線維筋痛症慢性疲労症候群の身体では、夜中の飲食をやめるレベルで厳しい!!
言い訳がましいですが、だって毎日激痛なんですよ?
毎日インフルエンザみたいな身体ですよ?
そしてこれは私の努力不足にも原因がありますが、ほとんどひとりでベッドの中。
趣味は一応ありますが、やりたいけど身体が許してくれない状態が日に日に増加。
趣味を満喫した日の晩は完全KOで激痛で悶えます。プラス夜中に空腹。
ひとつでも改善できるなら!って食べちゃうんです。我ながら情けない。




ちなみに旅行などで家をあけた日の夜中は全く空腹が来ません。
つまり問題は「家の環境」にある。
改善出来るのは自分しかいません。でも出戻って4年。
ほとんど改善出来ていません。悔しい。本当に悔しい。