ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震から5年4ヶ月。


今日は信越県境地震から5年4ヶ月の日です。
昨日に引き続き、背中の激痛と闘いながら書いておりますゆえ
短い内容になりますが、どうかご容赦くださいませ。




Twitterで長野県栄村と検索しますと、
バイクに乗る方のつぶやきが多く見られます。
ツーリングによい場所なのでしょうか。
私もいつか病気が治ったら、バイクの免許をとってお邪魔したいです。




その他には「東日本大震災の翌日に起きた地震の被災地の復興は?」
というつぶやきも拝見します。私もそう思うひとりです。
私が住んでいるのは長野県のお隣・岐阜県
でも・・・福島へ行くくらい時間がかかるのです。お隣なのに!
なぜまだ身体が動けるうちに行かなかったのかと後悔しています。
お恥ずかしい話です。




「忘れないで」「まだ道半ば」という声と「地元民も忘れてる」という声。
いろんな声が聞こえてきます。どっちが正解とかそういうものはない。
東日本大震災以上に自分は何が出来るのか、考えています。


とりあえず今できることはこうしてblogを書いて、誰かの目にとまること、
そして自分が何より忘れないことを忘れないようにしようと思います。