読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から5年5ヶ月。


本日は東日本大震災から5年5ヶ月、65回目の月命日です。
そしてお盆です。ご家族をお迎えして水入らずな時であることを祈ります。


先日、facebookのシェアでこんな記事を見ることが出来ました。


fundo.jp


震災の津波で流されてしまった愛車のハーレーが1年後、
約6,000キロも離れたカナダで見つかりました。
見つけた方がハーレー・ダビッドソン社に連絡をし、
そして持ち主さんへ「バイクを修理して届けたい」を連絡をくださったそうです。
ですが持ち主さんはそれを拒否されたそうです。
最初は辛い思い出だから・・・かな、なんて勝手なことを思っていましたが
記事を読んでいくうちにとても深い思いが伝わってまいりました。


持ち主さんはなんと・・・


ハーレーダビッドソンミュージアムに展示してほしい」


とおっしゃったそうです。自分の愛車をとおして津波の犠牲者に祈りを捧げ
どれだけの災害だったのかを伝えることを希望されたそうです。
ハーレー・ダビッドソン社もその願いをくんで博物館に展示をし、
さらに日本からカナダへ漂流してきた事情なども説明されているそうです。




ハーレーは決して安いバイクではありません。
それでも自分のもとに帰ってくることより震災を伝えるものとして
展示を希望された持ち主さんに心から敬意を表したいです。
そしていつまでも展示され、多くの方に見ていただきたいと、
被災はしていませんが、日本人のはしくれとして強く願います。