ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から5年9ヶ月。


1回blogを書くと、体力をかなり消耗してダウンしてしまう今日この頃。
先日、Twitterのタイムラインで同じご病気の方がこうつぶやいていました。
「一瞬の火事場の馬鹿力を使って活動している」
まさにそのとおりだ、素晴らしい表現方法だと感動しました。



まあ、私の体調の話はまた後日にするとして。
今日は東日本大震災から5年9ヶ月の月命日です。
時々「いつまで書き続けようか。単なる自己満足どころか
自己義務的になっていないだろうか。そんなblogに意味はあるのか」と
悩むときがありますが、ここはある意味私の部屋。
私が思うがままに、書き続けようと思っております。
いつかは書くのをやめる(でもきっと3月11日は書く)日が来るかもしれません。






今日は2つのニュースを見つけました。


www.hibishinbun.com


このニュースをみて父も母も「もう何も見つからないだろう」と言いました。
確かになにか手がかりを見つけるのは厳しくなっているのが現実です。
それでもやっぱり手はとめてほしくない。いつかは何か見つかるはず。
そう願って祈っております。




headlines.yahoo.co.jp


鉄道など公共交通機関の再開は大きな1歩です。
本当におめでとうございます!
そして一部バス高速輸送システムがありますが、
これで宮城県の被災路線は全て復旧完了だそうです!
この勢いでどうか全線開通!その日が楽しみです。



5年9ヶ月。短いようで長い年月。
嬉しいニュースがどんどん増えてきました。
これからもそんなニュースと、現地の皆様の笑顔をみたいです。