ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

1日遅れましたが・・・信越県境地震から5年9ヶ月。


起き上がっているのも不可能な体調不良につき、
1日遅れてしまいましたが忘れたわけではございません。
むしろ忘れてはならないといつも思っております。
まだ本調子ではありませんが、書かせてください。





昨日は長野県栄村を中心とした信越県境地震から5年9ヶ月の日でした。
11日のblogにも書いたとおり、決して忘れてはならないと思いながらも
「書くことに意味はあるのか」と悩むときがあります。
でも・・・信越県境地震東日本大震災以上に「書くべきだ」と思い直します。
地震発生からある意味「忘れられた被災地」になっていた長野県と新潟県
もう完全に復興して現地の方も忘れているという声もあれば
未だに忘れられず「忘れないで」と願う声もある。
きっとどちらも正解。被災された方々の思いに間違いなんてない。



そして図々しいかもしれないけれど。
被災していない者が「忘れてないよ」と声をあげることも正解。
自分は声をあげ続けて、ネットという媒体ではありますが
届け続けたいと思っているのです。