ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

九州地震から8ヶ月。


最近、スマホやパソコンの画面を一定時間見ていると
目玉がグルンと回るようなめまいが起こります。
視力がまた落ちたのもそのせいでしょうか。
なるべく酷使せずに大事にしなくては。
でも本を読んだり、スマホSNS見るの好きなんだよなあ。



そんなわけで相変わらずの短めblogですが、復興への願いはたくさんこめて
書かせてください。今日は熊本県を中心とした九州地震から8ヶ月の日です。
色々情報を集めていて、最初に飛び込んできたのは悲しいニュースでした。



www3.nhk.or.jp


避難所生活や転院など、私では分かりしれないストレスが身体を蝕み、
惜しくも6名の方が旅立たれ、「震災関連死」として認定されました。
せっかく助かった命。どうかこれ以上、関連死がないよう願うばかりです。
ストレスをゼロにするのは難しいです。でも少しでも軽くなるよう
どうかケアをお願いしたいです。



news.tv-asahi.co.jp


そして住宅問題。
家を建てるというのは簡単なことではありません。
今も本来とは別のお住まいとは別の場所で暮らす方が多いと聞きます。
仮設住宅公営住宅を希望される方もまだまだ多いです。
安定した住宅というのはストレス軽減の1歩だと思います。




悲しいニュースのなか、嬉しいニュースもありました。



www3.nhk.or.jp



今年4月の話だそうですが(それがなぜ今日のニュースに?)大相撲の力士たちが
被災地を訪問され、多くの方と交流されたようです。
相撲ファンにはたまらないひとときですね。
きっと笑顔があふれる場所だったんだろうなあ~。
こういう機会、ぜひもっと広がってほしいです。




私もこれからもアンテナをはって、決して忘れることなく
出来うる限りの支援をしていきます。