読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

信越県境地震、九州地震、そして阪神・淡路大震災。


2度目のペインクリニックチャレンジ(やはりダメでした)に加えて
最強寒波の影響で11日以降、ずっと寝込んでおりました。
自室の暖房器具は湯たんぽしかないので、寒かった・・・。
今もこれを横になって書いております。本調子からは程遠いです。
なので、まとめてになってしまいますがお許し下さい。


毎日パソコンを触れる身体ではなくなってしまいました。
気持ちは月命日に書きたくて仕方なくても身体が許さない。
でも無理して書いた言葉になんの意味がある。ひとりよがりも甚だしい。
これからどうするか、考えなくてはいけないです。


月命日に書けなくても、11日と12日、14日は忘れられない日です。
そして今日は阪神・淡路大震災から22年。
当時私は高校生でした。スマホもネットもない時代。
たまたま教員室でTVを観てきたクラスメイトが「なんか関西すごいよ!」と
教えてくれたのを覚えております。
帰宅してTVに写っていたのは「ここマジで日本?」という光景。
今もはっきりと覚えております。
今日のTVにも祈る人たち、当時を思い出す人たちがたくさん写っていました。
あらためて犠牲になった方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。



そして最強寒波で信越県境地震地域はとんでもない豪雪に。
もちろん他の地域でも寒い思いをしていらっしゃらないか心配です。
どうぞあたたかくしてお過ごしくださいませ。




今日はここまでが限界です。
またゆっくり書きたいです。