読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

ひゃく屋、3回目の寄付ご報告


私の体調不良のせいでご報告が遅くなってしまいましたが
皆様のおかげで今年もひゃく屋は福島県の未来を担う子どもたちへ
寄付をすることが出来ました。
応援してくださる皆様、ご購入くださった皆様に心より御礼申し上げます。


前回まではいわき市立豊間中学校併設の学童保育施設に寄付をさせていただきましたが
サポーターの高橋智裕さまから悲しいお知らせが・・・。
施設が閉鎖されてしまったそうです。
(※でも今、facebookを拝見したら復活の話が上がっているようです)
というわけで、高橋さんの強いネットワークで寄付先を探していただいたところ
豊間小学校のお隣の校区・高久小学校の学童クラブへお送りすることになりました。
震災当時、高久小学校は避難所になり、そして今は豊間小学校の児童も
ここの学童を利用しているとのことでした。




高橋さんからお写真をいただいたのでUPさせてください。



http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sakurasaryou/20170405/20170405165005.jpg


私からの手紙(かな?)を渡してくれた高橋さんと受け取ってくれた児童の皆さん。



http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sakurasaryou/20170405/20170405165004.jpg


思った以上の大所帯!!皆さんすっごく可愛いです。行きたかった・・・。





そしてなんとなんと!!
今回、学童クラブの皆さんからお手紙をいただいてしまいました。
あまりにも嬉しくて財布のなかに入れて宝物にさせていただいております。
代表して頂いたのは私で、保管しているのも僭越ながら私ですが
この手紙の宛先は、ひゃく屋を応援してくださっている皆様だと思います。
ぜひ読んで下さいませ。




今日は、この高久児童クラブのためにわざわざ支援の物と気持ちを
とどけて下さり、ありがとうございます。
とても、うれしかったです。
支援のおかげでさらに元気いっぱいな明るい児童クラブになりそうです。
今日は本当にありがとうございました。
これからも、被災地に笑顔を咲かせられるようにがんばってください!



読んだときは嬉しすぎてボロボロ涙が出ました。
応援してくださる皆様やご購入くださった皆様のおかげであって
私は何もしていないのに・・・こんな丁寧な手紙。




また保護者の方からもお礼のメールを頂戴いたしました。




先日、カメラマンの高橋様から寄付金を授与して頂いた
いわき市高久小学校 児童クラブ』にお世話になっている児童の母です。
震災の時にオムツをしていた息子ももうすぐ三年生です。
あれから6年経ちますが、遠くに住みながら今尚、
気にかけてくださることに頭が下がる思いでいます。



とんでもないです。このメールを頂いたときも嬉しくて号泣でした。
日々お忙しいなかメールをくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。





最近は体調不良を理由に、新作UPが出来ておりませんが
(商品は出来ているのですが、日光にあたる場所に出られず写真が撮れない)
もう少し暖かくなったら動けると思うのでお待ちくださいませ。
これからもひゃく屋をよろしくお願い申し上げます。






福島県復興応援サイト・ひゃく屋】

100-ya.com


【頼もしいサポーター・高橋智裕様のサイト】
riretomo.wixsite.com


福島県いわき市立高久小学校公式ウェブサイト】
www.iwaki.gr.fks.ed.jp