ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から6年2ヶ月。


本日は東日本大震災から6年2ヶ月の月命日です。
地震とは関係がございませんが、岩手県釜石市宮城県栗原市の山火事で
被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。
報道で被災された方が「幻だと思いたい」とつぶやいたお言葉が頭から離れません。


大震災に戻って。かなり前の記事になりますが・・・


www.kahoku.co.jp


まだこれだけ多くの方が仮設住宅で暮らしていらっしゃる現実に
驚きと、なんと申し上げてよいかわからない厳しさを感じます。



www.facebook.com


これまたかなり前の記事になりますが、岩手県大槌町では2月に
身元不明のご遺骨を安置するための納骨堂が完成しました。
ここにいらっしゃるご遺骨はなんと70人。
まだこんなに多くの方がご家族のもとへ帰れないなんて・・・。
せめて帰る日まで、このお堂で安らかにお過ごしになれることを祈ります。




福島県ではこんなことも。



www.kahoku.co.jp


「絶対に自ら命を絶ったりしないでください!」
こんな悲しい、悔しい、辛い言葉があるでしょうか。
せっかく助かった命をいじめなんてもので失わせるなんて犯罪もいいところです。
いじめは犯罪です。殺人未遂です。自殺されたら殺人事件です。


私自身も幼少期から陰湿ないじめにあいました。DVでうつ病になりました。
死のうと思ったことは数え切れないくらいあります。
だから・・・安易に「死ぬな」とは言えません。
だって人だほうがマシなくらいお辛いのですもの。
でも・・・やっぱり生きて欲しい。


福島県のひとは何も悪くありません。
もう2度とこんな事態がないようにしたい。そう思いませんか?