ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

子供のジャッジは大人よりシビア


私には3人の甥っ子と、姪っ子がひとりいます。
上から5歳(妹家長男)・3歳(弟家長男)・2歳(妹家次男)・10ヶ月(弟家長女)。
ほぼ年子・・・。4人集まるとそれはもう怪獣の集まりのようです(笑)。


ありがたいことに甥っ子たちは私にとても懐いてくれています。
きっと「なんかオモロイ遊んでくれる人」みたいな扱いです。
姪っ子はまだ0歳なので謎ですが、抱っこすると泣きやんでくれますし
ご機嫌がいいとにこぉっと笑いかけてくれます。



この4人を誰よりも愛しく思っているのが我が両親。
(もちろん義妹や義弟の親御さんもですが)
孫たちが可愛くて仕方がない様子。
が・・・なぜか残念なことにあまり懐かれていない(TдT)


特に父。私たちの子育てに一切関与しなかったせいなのか
照れくさいのかなんなのか、孫への接し方がわからないらしい(^_^;)
特にイヤイヤ期の2歳になると完全に逃げ体勢。
そういうの、子供はわかるのですね。祖父である父には全然近づかない・・・。
そしてそれを寂しがる父・・・(←自分のせいやろ)。




甥っ子たちがうまれてから、はじめて小さな子と密接してわかったのですが
子供の目は本当にシビアなのだな~と思います。
ある意味大人より怖いくらい。


とりあえず。父ちゃん、頑張れや・・・。