ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

軽い肉離れ


先週から突然、首から肘にかけて激痛が!!
持病・線維筋痛症の痛みではない。
(上手く言えないのですが痛みの種類が違うんです)


最初は脱臼かと思ったのですが・・・どうも違う。
(物心つく前から脱臼癖があるので脱臼はすぐわかるのだ)
寝違えとも違う。もー!!いったいなんなんだー!!



と、いうわけで幼少期からお世話になっているお医者さまのもとへ。
「めちゃくちゃ久しぶりやねぇ?え?もう40歳?!うわー」と
全く老けた様子がない妖怪のような(←失礼)イケメン院長がお出迎え。
覚えていてくださって嬉しいです。でも年齢は聞かないで(笑)。




残念ながら線維筋痛症はご存知なかったのですがすぐに調べてくださって。
で、肩から肘の激痛を見ながら・・・「筋違えというか、もう軽い肉離れだね」と。
肉離れならば経験があるのですが、こんなに痛かったっけ?


線維筋痛症の『せんい』って『線維』でしょ?だからひとより余計に痛いと思うよ」


※線維=筋線維や神経線維など糸状の長い細胞で構成される組織のことを指す。




そ、そうなのか・・・orz
痛みの耐性はそれなりにあると思っていたけど、そうでもないのかな。






ちなみに今はテーピングと包帯で固定?してもらっています。
「テーピングしてても痛いぞゴルァ!」とお行儀の悪いことを思っていましたが
翌日、病院でテーピングを外すと・・・ズシン!とした激痛と重みが。
テーピングと貼ってくれた院長先生の素晴らしさに感動しました。
テーピングさん、院長先生、ゴルァなんて思ってごめんなさい・・・。




ハンドメイドもしたいし、やることも山積みなのになあ。
仕方がない。身体第一。動かしすぎず、でもある程度は動かして
早く治るように治療いたします。あと普段から肩をもっと大事にしよう。