ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

東日本大震災から6年9か月。


本日は東日本大震災から6年9ヶ月の月命日です。
はやいもので今年最後の月命日の祈りの日となりました。
こまめに情報をキャッチする日々。
私のことなので、見落としも多いかもしれませんが
嬉しいニュースが徐々に増えており大変嬉しい限りです。


そんな嬉しいニュースのひとつがこちら。

www.oricon.co.jp


岩手県大船渡市の銘菓「かもめの玉子」の本店が6年8カ月ぶりに再開!
すごくお恥ずかしい話なのですが、普通に通販でも物産展でも購入できたので
まさか本店が再開していなかったとは存じ上げませんでした。
本当におめでとうございます!
菓子の製造過程を見学できるコーナーや飲食スペースも新たに出来たとか。
うわ~、見に行きたい!!作りたてとか食べてみたい!!
書いていたらかもめの玉子を食べたくなりました(笑)。




嬉しいニュースが増えていると書きましたが、やはり悲しいニュースがあるのも現実。

toyokeizai.net

同世代、40代女性の孤独死・・・。
しかも見つかったのは死後3週間後。
仮設住宅を出なくてごめんなさい」とおっしゃっていたそう。
せっかく生き残ったのに、こんな亡くなり方は悲しくてなりません。


宮城県によると、震災後に仮設住宅孤独死した被災者は103人、
災害公営住宅でも56人に上るそうです。
この数字をどう見るかは人それぞれですが・・・私は多いと感じました。
どうかこれ以上増えないで。