ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

防災について考える~11月


毎月11日付近に、東日本大震災をはじめ全国各地で起こった災害を思い出し
被災された皆様にお見舞い申し上げ、お亡くなりになった皆様に祈りを捧げる
blogを書かせていただいております。あっという間に今年もあと2ヶ月。


今年は本当に全国各地で自然災害が起こったなあ、と感じております。
幸いにも私が住んでいる地域は大きな被害はありませんでした。
でもそれは「当たり前」ではなく「奇跡」だということを常に念頭において
日々過ごしていかねばと考えております。




先日、福島県飯舘村から素敵な冊子が届きました。



※なぜ飯舘村から来るのかは下記blogをご覧ください
防災について考える~8月 - ごきげんな日々とそうでもない日々。



冊子というより書籍なくらいとても立派なものです。
地震津波原発事故で被災し、そこからどう復興していったか。
7年間にわたる、村民の素直な気持ちが綴られたもの。
なかにはほっこりし、時には涙があふれる内容が書かれておりました。
私ではなかなか現地の皆様の声を聞けないので、本当にありがたい贈り物でした。
大切に、これからもじっくりと読ませていただきます。
飯舘村さん、本当にありがとうございます。


飯舘村ホームページ トップページ



これからも全国各地の声を出来うる限り広い、自分に何ができるのか。
こんな身体ですし出来ることは本当に少ないですが、ゼロではない。
1%でも応援できるのであれば、実践してまいります。