ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

道がみえた


いきなりのタイトルで「なんの道だよ」ですが。
私の人生の道のひとつでございます。


今日の午前中は有意義に過ごすことが出来ました。
いや、有意義じゃ語彙力が低い(←こんな表現あるのか?)。
古い表現ですが頭の上にランプが閃いた感じでした。



私の頭の上にランプをつけてくれたのは、我がblogでもたびたび登場する
スピリチュアルクリエイター大谷ひなたさん。
ameblo.jp
同じ病気の闘病仲間でもあります。最近はYouTubeでも活躍中。


彼女による無料カウンセリングを受けさせていただきました。
カウンセリングというより私のマシンガントーク劇場になっちゃいましたが
(もうちょっとまとめて話せばよかったな、と今頃反省)
ひなたさんは病気のこともわかっていらっしゃいますし、
心理学の専門家ではなくても、すごく勉強をされている努力家さん。
とても話しやすかったです。評判どおりでした。
そしてネット越しとはいえ、はじめて彼女と奥深くまでゆっくり話したなぁ。
内容を全部書くととんでもないことになってしまうので
私が閃いたことだけピックアップしたいと思います。






今まで私には「スキルもないし、病気で自由もないし・・・」と思っていました。
でも視線を変えると、ある程度の制限はあっても自由はそれなりにあって。
そして自分がスキルだとまったく思っていなかったことが
「それはスキルだし、生活の糧となるし、そのスキルに対価を払うのは当然」と
いう言葉をいただきました。一字一句合っていないかもしれませんが内容はそのまま。
「そうなのか、これってスキルだったんだ。我慢や遠慮はしなくていいんだ」と。
もちろんそのスキルをお金にするには自分への投資や努力、勉強が欠かせませんが
どうせだし「いっちょやってみっか!」と決めました。


実は前々から「あの資格取りたいなぁ」と思っておりました。
と同時に「今の自分に資格って要るの?無駄じゃね?」とも思っておりました。
でも今日、ひなたさんと話して。
どんな身体だろうと、なんだろうと資格はあって損するものでもないし
いつかどこかでなにかの役に立つ日が来るかもしれない。
今日閃いたことに使えなかったとしても、自分の売りにはなる。
「こんな私」とか「今の自分じゃ」とかなんて関係のないことだ!


そんなことを今日、学ぶことが出来ました。
ひなたさん、ありがとう。そして閃いた私にグッジョブ!






・・・ところでなんのスキルかって?照れちゃうからまだ言えない(*/ω\*) 
そのうち言うから待ってて。