ごきげんな日々とそうでもない日々。

4つの難病を抱えながら生きるヒトのなんでもないようでどうでもある日常。

防災について考える~4月、桜は咲きましたか


今月の防災について考えるは現在、安静中につき少し省略させてください。
身体優先にするわがままをどうかお許しください。


今年も各地で桜が咲き誇っていますね。
この時期だけは「日本っていいなあ」と思うわがままな私です。
我が家の桜の木(樹齢60年ほど)は毎年のんびり屋さんで
ようやく満開になりました。


今日は熊本地震から3年の日でもございます。
仮設住宅や復興の問題など、まだまだ山積みのニュースをたくさん拝見しました。
1日もはやく安心してお過ごしになれるよう祈らせてください。






話はかわりますが。
私はハンドメイドで福島県復興応援サイトを運営し、
売上金のすべてを福島県の未来を担う子供さんたちへ寄付しています。
今年も皆様のおかげで無事に10000円を寄付することができました。
ですが・・・寄付場所が変わりました。
お手間をおかけして誠に申し訳ございませんが下記ブログをご覧ください。
(私の復興応援サイト用ブログでございます)




ameblo.jp




いつも大変お世話になっている、情景写真家 / 災害防災アドバイザーの高橋智裕さん。
先月末、高橋さんの奥様からご連絡をいただきました。


福島の方に行きまして、寄付先についていくつかお声掛けをしたのですが、
どうやら受け取りたいとの申し出が無かったようで。
おそらく通常の生活に戻り「支援」というニーズが減少したためかと思われます


とのことでございました。
そのため、今年は上記ブログのとおり東日本大震災ふくしまこども寄附金に
寄付をさせていただいたわけでございます。







東日本大震災はもちろんのこと、信越県境地震熊本地震
さらに西日本豪雨北海道胆振東部地震など支援先はたくさんございます。
本当は各地へ寄付したいのですが、今の私ではそれができません。
そのため今まで「福島県」に限定をさせていただいておりました。
高橋さんの奥様が仰る通り「支援のニーズ」が変わってきているのかもしれない。


私の支援方法はこれからどうしようか。
防災について自分はこれからどう動くべきか。
安静期間を利用して、今後を考えていきたいと思います。